NK細胞療法と手術でがんに対処しよう

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

NK細胞療法進行性のがんはどのような治療法を行うかによってその予後も大きく変わってきます。とりわけこれまでは手術による治療や、抗がん剤を投与すること、さらには放射線治療というものが一般的に行われてきました。しかしながらそれらの治療法は体に大きな負担をかけてしまうため、時に帰って患者の体力を奪ってしまい症状の改善に貢献しないということもあり得ました。そのような状況の中で注目されている治療法がNK細胞療法です。

NK細胞療法とは本来体が持っている免疫力に関係する細胞を用い、この細胞の働きを活性化することによってがん細胞も攻撃し、体に大きな負担をかけることなく治療を進めることができる治療方法として注目されています。そのため手術の前後にこの様方によって体の機能を向上させるということが効果的とされています。大きく分けると二つの理由があり、一つは手術することによって落ちてしまう免疫力を増強することにより体力維持を図ることができるという点が期待できるからです。

もうひとつの注目すべき点は基本的な免疫力を向上させることによって、再発や転移がしやすいがんという厄介な病気に対してもそれらを防止することができる効果が期待できることです。手術が終わった後でもこの細胞療法を行うことによって、長期的な目で見ても非常に効果的な治療を行うことができるというわけです。そこでNK細胞とは何なのか、がんの治療にはどのようなことが大切なのかという点をご紹介します。